ダイヤモンド品質評価の「4C」

「4C」とは、カラー、クラリティ、カット、カラットの頭文字をとった、ダイアモンドの4つの評価基準のことです。GIA(アメリカ宝石学会)はダイアモンドの品質を評価するための世界的基準として「4C」を考案し、各基準値ついて客観的な格付け指標を確立しました。

 

イノウエ宝石店ではGIAの宝石学修了者が常駐しており、お客様に分かりやすくご説明します。

Color Grade カラー(色)の等級

Clarity Grade クラリティ(透明度)の等級

Cut Grade カットの等級

Carat Weight カラット重量


Color

カラー

宝石質のダイヤモンドのカラー等級は、通常は無色の度合いに基づいて判定します。

ダイヤモンドグレード

科学的に純粋で、構造的に完ぺきなダイヤモンドは無色で、より高い価値を持ちます。GIA(アメリカ宝石学会)のカラー格付けは、照明などの規定の条件のもと、各カラー等級の色見本と見比べることにより無色の度合いを正確に測ります。ダイヤモンドごとの色彩の違いは、素人の目では判別できないほど微妙な差異である場合もありますが、その微妙な差異が、ダイヤモンドの品質ひいては価格を大きく左右します。

 

イノウエ宝石店ではGIAの宝石学修了者が常駐しており、お客様に分かりやすくご説明します。


Clarity

クラリティ

天然ダイヤモンドは、地球の深部で炭素が高温と高圧にさらされることによって生まれます。この過程で内包物や表面の傷などの特徴が発生します。

ダイヤモンドグレード
ダイヤモンドグレード
赤色で示しているのが内包物や特徴

GIA(アメリカ宝石学会)では、ダイヤモンドのクラリティは内包物と傷の数や大きさ、形状、性質、位置を確認し、ダイヤモンドの外観へ影響を考慮して判定します。完全に純粋なダイヤモンドは現存しませんが、その状態に近いほど価値は高くなります。

 

イノウエ宝石店ではGIAの宝石学修了者が常駐しており、お客様に分かりやすくご説明します。


Cut

カット

ダイヤモンドの美しさと価値は、カットの良さによって大きく左右されます。

ダイヤモンドグレード

標準的なラウンドブリリアントカットのダイヤモンドのカットに関しては、GIA(アメリカ宝石学会)の格付けは7つの指標によって等級が判定されます。そのうち「ブライトネス(白色光)」「ファイアー(虹色)」「シンチレーション(きらめき)」の3つは、真上から見たときの総合的な美しさを評価する指標です。残り4つの「ポリッシュ(磨き)」「シンメトリー(対称性)」「ウェトレイショー(重量比)」「デュラビリティ(耐久性)」は、デザインと仕上げの技巧を評価する指標です。

 

イノウエ宝石店ではGIAの宝石学修了者が常駐しており、お客様に分かりやすくご説明します。


Carat

カラット

ダイヤモンドの重量で重さの単位。1カラットは約0.2gです。

ダイヤモンドグレード

ダイアモンドは、大きいほど希少価値があり、原則として、ダイアモンドの価格はカラット重量に比例して定まります。いっぽう、カラット重量が同じ2個のダイヤモンドでも、「4C」のほかの3つの「C」であるクラリティ、カラー、カットによって価値(価格)が大きく異なることもあります。

 

イノウエ宝石店ではGIAの宝石学修了者が常駐しており、お客様に分かりやすくご説明します。